08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

天体観測といえば 

よくロマンチックとか、デートにもってこいとか言われる。

実際、満点の星空は綺麗だし、いい雰囲気になりやすい。


でも本当の天体観測は

一晩中星を追い求める、いわば星との追いかけっこのようなもの。

その日を逃したら次はいつ絶好のチャンスが巡ってくるかわからない。

だからその一瞬をカメラで収めるのは実は非常に難しいのではないか。


まず星を探す。

それ自体がめっちゃ根気のいる作業である。

てか天体観測の殆どはこれ。

あぁでも最近は自動的に向きを合わせてくれる望遠鏡もあるんだっけかな。



望遠鏡のピントを合わす。

見る。




そういえば、真冬に高校の天文台でオリオン大星雲を見たときは

想像以上に綺麗だった。

色こそ教科書のような綺麗な紫色はついていなかったが、

星を取り巻くガスがはっきりと見えた。


地上のちょっと山登ったところで

こんなにも綺麗に見えるものなのかと感動した。


やっぱり宇宙の魅力は尽きない。

ちゃんとした赤道儀にカメラをセットして

天体写真を撮りたいなぁと最近強く思うのである。

スポンサーサイト

[edit]

« 初夏  |  月一 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://boxondiesel.blog18.fc2.com/tb.php/730-dbb88640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム