06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

結局この場所は毒吐きの場所であり、自分の美徳に酔いしれるところになってしまっているというジレンマ 

タイトルが気持ち悪い。何やねん自分の美徳て。

そもそもここは内からふつふつと湧いてくる何かを湧いてきた状態そのままで書きなぐるところ。

それがそのまま自分の思ってることになってるっていう。


最近の状態といえば、ポジティブとネガティブがちょうど半々ぐらいに混在している状態。

ただし肉体的にはだいぶボロボロ。

体力の無さがここにきて直撃してるって感じ。


しかし今日ふと思った。休むって何だろう。

家でごろごろしてたらそれが休みというのだろうか

肉体的な休息に関して言えばそれがいいんだろう。

あ、いいのか。今日ごろごろしとけばよかったなぁ。



しかし頭のどこかには「いつ前のようになるか」ということが常にある

だから漠然とした不安は常にあるし、能天気になりきれない部分が無意識のうちに存在しているようにも思える。




ただ何も起こっていないときから起こるかどうかわからないことを心配するのはあまりに無駄であほらしくて

心身の休息の邪魔。

だとわかってる。



ただどうしようといういわば後ろ向きの考えはまた本当に事が起こったときのショックを少しでも軽減するということもわかっている。


だから難しい。


今までも散々思ってきたことだが、そのへんの「バランス」が重要で、

ポジティブの要素が多い人、ネガティブの要素が多い人に

分かれていくんだと思う。



かくいう自分はどっちのタイプの人間なのか?

答えは

「たぶんポジティブ人間なんだろうけど一旦スイッチが入ってしまったらネガティブのどん底まで落ちる」



即ち普通の人間ってことだろうか。


ただ一旦スイッチのスイッチの入り具合は普通の人より若干遅いかもしれない。


いろいろ溜め込む人間だからちょくちょく吐き出していかなきゃ。って。


でも誰の否定もしないし、悪いこと言いたくないっていうのも本音。




っていうか普段あんまり人の悪いとこ見ない。見えない。

それは今まで純粋に育ちすぎたからなのか

それともただの八方美人だからなのか


最近の子どもは人を信用してはいけません


って教育をされているらしい。悲しいことである。



誰も信用できなかったら生きてけない。そうじゃないのか。



結局生きるって何だろうか?

生きることがしんどいのならばいっそ消えてしまえばいいのではないか


そういった考えもまた悪くはない。

ただ消えるとしたときに誰か一人でも悲しむようなことがあれば

消えるのはやめたほうがいい。



人を悲しませることは一番やってはいけないこと―。



それを今の子どもたちに強く教えるべきじゃないのかと思う。




デリケートだかなんだか知らないけども

そういう「人間として大事な部分」


自分含め、欠けてる人が多すぎる社会。



おもしろいはずがない。



やる前から、体験する前から、聞く前から

否定する人

嫌いだ。



でもそれらが自分にとって必要ないと思うことであるならば


否定するべきだ。




なんて複雑に絡み合い過ぎた世の中なんだろう。




そう思いながら、私は吐き気と戦う
スポンサーサイト

[edit]

« 時間が足りない。  |  あー »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://boxondiesel.blog18.fc2.com/tb.php/624-1c13c498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム