平凡ってなんですか?
平凡なんて誰が決めたの?人それぞれ。十人十色。


プロフィール


ぼくそん



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2010.07.05  VER <<00:02


楽しいことばっかりのあとの平坦な日常が怖いようなそうでないような


こんな社会に誰がした




ブログという日常の日記も、昔はないわけで。

日記というもの自体人に見られるものではない。本来は。

それがネットによって24時間365日人と繋がってしまったことによって

本来自分だけのもののはずの日記の世界にまで猫をかぶることになってしまう人

それ結局何の意味もない


非表示、自分だけの世界。

作れるには作れる。セキュリティによる己の心の封鎖。


でも見てかまって欲しいと思う人も中にはいるようで

結局心配されたい繋がっていたい好かれたい

繋がっていたいと強く思う人々が増えてきたのはネットが世界を覆いだしてからのような気がする

いつでも連絡がとれるという安心とその真逆の…


そのことがまた「信頼」という従来確認など特にとらんでもええ事項にヒビを入れる


リアルの世界でもバーチャルの世界でも合わん人は合わんし

それに合わせ続ける意味ももはや見当たらない。


従来はリアルなコミュニケーションによって人間関係を確立させていく

しかしつかず離れず表面上1度きり大勢の人々に無作為に出会うネットは

実は非常に恐ろしいものであるという風に本来は教えるべき



便利さ故の弊害に気付かない私もあなたも

スポンサーサイト


No.618 / 思うこと / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← い / Home / 期待を背負って →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home