平凡ってなんですか?
平凡なんて誰が決めたの?人それぞれ。十人十色。


プロフィール


ぼくそん



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク



このブログをリンクに追加する

2009.01.16  音階による感情の変化 <<02:59


夜というのはある意味一番素になれる。

一人の時間ってやっぱり大事。

何かに追われて自分が自分じゃなくなるときの最大のブレーキになる。

人間ってよくできてる。


飲み物片手にふと上を見上げる

そこには青空があるのか

どんよりとした雲があるのか

小雨が降ってるのか

雪が降ってるのか

高層ビルの側面が見えるのか

高速道路の裏が見えるのか

夜空が見えるのか

何も見えないのか

車のクラクション音とか街の人の喋り声とか電車のブレーキ音とか飛行機の離陸する音とか

外に出たらほとんどは人工の音

忙しない世界の象徴


だからふとしたときの小鳥の鳴く声や川の流れる音にすべてを許しそうになる

そこで出る涙は感情とは無関係なのか


その答えはまだ





スポンサーサイト


No.402 / / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 寸前 / Home / 人間内面が完璧なやつなんていない →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home