05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

駄文 

あまりに暇すぎて自分を見失いそうだったので
料理をすることにした。
メニューは

そばめし

えぇ...そば...
知る人ぞ知る、かつて数々の戦闘を繰り広げた日清のやきそば(袋ver)を使用である。

まず、粉末ソースを取り出した後やきそばを粉砕。
フライパンに200ccの水を入れ沸騰させて
そこに粉砕したやきそばを投入。
水がなくなったらご飯を投入
だが、予想よりもはるかにそばの吸水力が強く
水が完全になくならないうちにそばが完全にもどってしまった。

炒めていけばなんとかなると思い
やや水分が残るまま冷飯を投入。
当然のごとく冷飯も水分を吸収し
炒めれば炒めるほど量が一人分とは思えなくなってきた。
しかしもう戻れない。

ご飯をパラパラにすべく取り出したのは
ゴマ油。
これでもかというぐらい入れたためもはやゴマのにおいしかしない。
そういやそばめしにも卵が入っていることを思い出し
卵を投入するが
何を思ったか炒めてる炭水化物の上にそのまま黄身、白身を落とし
そのまま炒めてしまった。

炒めること7分。
もはや餅のような感触のそばめしの味付けをする。
で、やきそばについてた粉末ソースを加えて
さらにねぎも加えさらに炒める。

そして完成!
見た目は色の薄い焼飯。
というかどんぶりの半分しか冷飯を加えていないのにも関わらず
軽く二人前はある。

問題の味は...

薄い。
とにかく薄い。
しかもまずい。
さらにすぐに腹がふくれていく。
この味を濃くするために
お好み焼きソース
マヨネーズ
につけて食べることにした。
結局すべてがお好み焼きのソースの味にのっとられ
何なのかわからなくなってくる。

そばめしのそばは冷飯と一体化してドコにあるのかわからない。

なんとか食べきったが
やはり袋の裏に書いてある調理法がもっともおいしく
いただける方法であることを実感。
スポンサーサイト

[edit]

« あれぇ?  |  ヽ(・∀・)ノ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://boxondiesel.blog18.fc2.com/tb.php/103-d4ca1de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム