06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

てれれー 

口だけじゃないように

自分にもっと厳しくならないかんのやなぁ
スポンサーサイト

[edit]

時の流れが速すぎて 

もう夏やがな



まだ研修やってるけど

不安はなかなか拭えない

早く普通の業務ができるようになりたい



同時並行で


他のこともやっていこ。








[edit]

何かを守るためには 

何かを犠牲にしなきゃいけなくて


すべてを守ろうとすれば



すべて手から離れていく



自分の大事だと思うことに重点を置いて



順位って大事 順位っていう言葉はあんまり好きじゃないけど

[edit]

なんで 









夏ってこんなに切ないんやろう。。。

[edit]

2020202020202020202020EEEEEE 

咳が止まらないぜー

[edit]

なんかもう 

気ぃ使うの疲れた



やりたいようにするわ

[edit]

時間が足りない。 

時間が欲しい。


やっぱ金の夜と土日だけしか動けないってのは、今まで時間が有り余ってたから余計に時間が少なく感じる。


土日祝日基本的に休みなのは贅沢なのかもしれんが…



まだまだ遊び足りないぃぃぃぃ



そんなぼやき。



とりあえず今は声を治そ。

[edit]

結局この場所は毒吐きの場所であり、自分の美徳に酔いしれるところになってしまっているというジレンマ 

タイトルが気持ち悪い。何やねん自分の美徳て。

そもそもここは内からふつふつと湧いてくる何かを湧いてきた状態そのままで書きなぐるところ。

それがそのまま自分の思ってることになってるっていう。


最近の状態といえば、ポジティブとネガティブがちょうど半々ぐらいに混在している状態。

ただし肉体的にはだいぶボロボロ。

体力の無さがここにきて直撃してるって感じ。


しかし今日ふと思った。休むって何だろう。

家でごろごろしてたらそれが休みというのだろうか

肉体的な休息に関して言えばそれがいいんだろう。

あ、いいのか。今日ごろごろしとけばよかったなぁ。



しかし頭のどこかには「いつ前のようになるか」ということが常にある

だから漠然とした不安は常にあるし、能天気になりきれない部分が無意識のうちに存在しているようにも思える。




ただ何も起こっていないときから起こるかどうかわからないことを心配するのはあまりに無駄であほらしくて

心身の休息の邪魔。

だとわかってる。



ただどうしようといういわば後ろ向きの考えはまた本当に事が起こったときのショックを少しでも軽減するということもわかっている。


だから難しい。


今までも散々思ってきたことだが、そのへんの「バランス」が重要で、

ポジティブの要素が多い人、ネガティブの要素が多い人に

分かれていくんだと思う。



かくいう自分はどっちのタイプの人間なのか?

答えは

「たぶんポジティブ人間なんだろうけど一旦スイッチが入ってしまったらネガティブのどん底まで落ちる」



即ち普通の人間ってことだろうか。


ただ一旦スイッチのスイッチの入り具合は普通の人より若干遅いかもしれない。


いろいろ溜め込む人間だからちょくちょく吐き出していかなきゃ。って。


でも誰の否定もしないし、悪いこと言いたくないっていうのも本音。




っていうか普段あんまり人の悪いとこ見ない。見えない。

それは今まで純粋に育ちすぎたからなのか

それともただの八方美人だからなのか


最近の子どもは人を信用してはいけません


って教育をされているらしい。悲しいことである。



誰も信用できなかったら生きてけない。そうじゃないのか。



結局生きるって何だろうか?

生きることがしんどいのならばいっそ消えてしまえばいいのではないか


そういった考えもまた悪くはない。

ただ消えるとしたときに誰か一人でも悲しむようなことがあれば

消えるのはやめたほうがいい。



人を悲しませることは一番やってはいけないこと―。



それを今の子どもたちに強く教えるべきじゃないのかと思う。




デリケートだかなんだか知らないけども

そういう「人間として大事な部分」


自分含め、欠けてる人が多すぎる社会。



おもしろいはずがない。



やる前から、体験する前から、聞く前から

否定する人

嫌いだ。



でもそれらが自分にとって必要ないと思うことであるならば


否定するべきだ。




なんて複雑に絡み合い過ぎた世の中なんだろう。




そう思いながら、私は吐き気と戦う

[edit]

あー 

昨日の帰りオービス光ったんかなー…

強い光じゃなかったけど…うーん…


最近車に関わる運があんまりないからなー…

[edit]

休みは必要 

体は正直です。悲しいほどに。

日焼けの後がヘルペスみたいになりました。なんとも痛々しい…

でも京都大作戦楽しかった。

Dragon Ashとか湘南乃風とか全部ひっくるめて楽しかった。

やっぱ音楽に壁なんてないよ。

軽々と否定する人らを理解できないよ。



今は余韻に浸っていたい。







隣で死んだように眠る横顔を

朝日が 染めたのさ


The Revolutionary / 9mm Parabellum Bullet


[edit]

ぼちぼちぼち 

曲作りは難しい。


もんもんもんもやしもん

[edit]

行く先 

発達していく技術

衰退していく人間力


行き着く先は何処なのか

[edit]

 

気づいたらベッドの上だった。

真っ白な骨組みの真っ白なシーツの真っ白なベッド。

そこに吸い込まれるように寝ていたようだ。

見渡す限り白い部屋。

椅子も机もドアも白い。

半開きの窓から見える青い空の半分も白い雲。

そしてふさふさ揺れる緑の葉。

それがまた日光に照らされて眩しい。

はてここはどこだろう。


すべてか真っ白で、頭の中も真っ白で

何を描いたらいいかわからなくて

考えるのをやめた。

起こした上半身をまた元の位置に戻した。

[edit]

VER 

楽しいことばっかりのあとの平坦な日常が怖いようなそうでないような


こんな社会に誰がした




ブログという日常の日記も、昔はないわけで。

日記というもの自体人に見られるものではない。本来は。

それがネットによって24時間365日人と繋がってしまったことによって

本来自分だけのもののはずの日記の世界にまで猫をかぶることになってしまう人

それ結局何の意味もない


非表示、自分だけの世界。

作れるには作れる。セキュリティによる己の心の封鎖。


でも見てかまって欲しいと思う人も中にはいるようで

結局心配されたい繋がっていたい好かれたい

繋がっていたいと強く思う人々が増えてきたのはネットが世界を覆いだしてからのような気がする

いつでも連絡がとれるという安心とその真逆の…


そのことがまた「信頼」という従来確認など特にとらんでもええ事項にヒビを入れる


リアルの世界でもバーチャルの世界でも合わん人は合わんし

それに合わせ続ける意味ももはや見当たらない。


従来はリアルなコミュニケーションによって人間関係を確立させていく

しかしつかず離れず表面上1度きり大勢の人々に無作為に出会うネットは

実は非常に恐ろしいものであるという風に本来は教えるべき



便利さ故の弊害に気付かない私もあなたも

[edit]

期待を背負って 

っていうのが怖い。

妙に社長に気に入られてるらしいがどうなんやろ…


とりあえず今はがむしゃらに走る時期なのかなぁとも思う。




とりあえず亀岡遠いね。

[edit]

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム